Homeへ

インプラント・ガルバーノデンチャー&セラマージュ

●始めに、プロビショナルモデルを参考に人工歯排列をし、これを基に、テレスコープ(パラレル・)ミリングを
実行するための模刻を行う。本症例ではシンオクタ・システムを用いた。
 
下図はテレスコープ(パラレル・)ミリングを行った状態である。
マージンレベルの設定は可撤性とするため、歯肉レベルに合わせる。

● テレスコープ(パラレル・)ミリングを行った後、直接法によるガルバーノ・エレクトロフォーミングを行い、
純金のテレスコープ外冠を製作する。(下図)

● KERR社の「グラスファイバーリボン:
Construct」(下図01)を使用し、リボン連結を
行う。
(下図01)

『術式担当、提供:青森県弘前市土手町 
梅原歯科医院 梅原一浩先生』
● 次に、人工歯(ベラシア:松風社)を排列し
、試適を行い、ここでテレスコープ義歯の咬合、
審美、および、脱着の負荷を確かめる。

● 試適が終了し、僅かな修正を加え、完成へ。

『術式担当、提供:青森県弘前市土手町 
梅原歯科医院 梅原一浩先生』

● 上顎に、人工歯(ベラシア:松風社)を排列することのよって、下顎の材料を考慮し、同様の
『セラマージュ:ハイブリッド系レジン材』を使用し、下顎インプラント付き全装クラウンを完成させる。
 

『術式担当、提供:青森県弘前市土手町 梅原歯科医院 梅原一浩先生』



このカテゴリのトップへ  HOMEへ