「ワックスアップ」とは、、、何
 矯正を必要とする「診断用ワックス・アップ」の実際
補綴用実践的ワックスアップ手順を追う!(コンビ01)
補綴用実践的ワックスアップ手順を追う!02
Homeへ

★ 補綴用実践的ワックスアップ手順を追う!02★

★これまでは「各種診断用ワックスアップ」に焦点を当ててきましたが、
ここからは実際に補綴物(人工の歯)を作るためのワックスアップ手順を
紹介して行きます。

●まず患者さんの歯医者さんでの『型取り』から模型を製作し、上下顎を咬合器(ヒトの顎と同等、
無いしは、それに似た運動が可能な器械)に装着します。 
この場合は、下顎右第二小臼歯欠損でメタルボンド(瀬戸物様でできておりヒトの歯と見分けが
付かないような歯)・ブリッジ用の骨組みを作るための「ワックスアップ」を行います。

●前準備:
 ・クリアランス(歯を造るための隙間)の確認(上図左)。
 ・ポンティック粘膜面(欠損部)は研磨分を予測してシリコンポイントで一層削ります。支台歯の
  アンダーカット部(ワックスパターンを抜く時の変形の原因となる部分)や平行性をチェックします。




★ポーセレンメタルフレーム
 ・ポンティック粘膜面に分離材を塗布せずにシートワックスを圧接し、焼付ける。
 ・その上に分離材を塗布し、シートワックスを圧接する。
 ・支台歯に薄く一層ワックスでコーティング(上図)。
 ・支台歯の隅角をなぞるように均一の量で盛る(下図)。
 ・その間にワックスを均一に埋めることにより、鋳造可能で均一な厚さのワックスコーピングが
  容易に得られる。マージン部はマージン用のワックスを流す。



●セラモメタル用ワックスフレームの完成(上図)
このワックスアップ作業の後、各使用目的の歯科用金属に置き換え、
金属フレームを切削、調整し「セラミックス」築盛、焼成し完成させる(下図)。


(症例提供 石川県金沢市なぎさ歯科クリニック 船登先生)

●フルメタル・ブリッジ用ワックス形成の完成(下図)。



●使用ワックスについて-------

 ・ミリング用のワックスを使用。切削感に優れ、べとつきが無く、切削表  面も滑らかである。
 ・半透明ワックスなので透け具合で厚みの確認が可能。
 ・マージン用のワックス。有機質ワックス(焼却後の残留物が少ない)でありことから、プレスセラミックにも使用可。
 ・舌側、カラー部。カントゥアーの立ち上がりの角度は、メタルボンドの完成時に研摩調整できるよう、ややオーバー
  カウントゥアーに設定しておく。
 ・ポンティック相当部にキャスティングワックスを置き、形態を修正し、歯間乳頭がわかるようにシートワックスをカット
  する。
 ・メタルフレーム連結部はメタルの種類によって、調節されなければならないが、本症例の様にプレッシャスメタルの
  場合、最低2,0mmX3.0mm必要である。
 ・クリアランスの少ないケースで、連結部が強度不足の場合は舌側に補強
 ・連結部の形状:頬側部歯間鼓形空隙の付近は、審美性の確保(ポーセレン・スペース)のために、大きく開ける。
 ・マイクロスコープ下でマージンをチェックし、支台が模型に戻っているかを確認し、連結する。
 ・スプルーイング。ワックスパターン着脱時の変型防止のため、スプルー植立位置は両端と連結部に行う。  
 ・ランナーバー(キャスティングワックス・ピンク)の固着。
 ・埋没、鋳造。
★花輪容子/大畠一成著:『ワックスアップ』〜これからのスタンダード〜「機能と審美を追及する臼歯部ブリッジの
ワックスアップ」、医歯薬出版株式会社、月刊「歯科技工」別冊



このカテゴリのトップへ  HOMEへ