抜歯後即時埋入即時負荷インプラント
前歯部インプラント:骨、および、歯周組織再生術
リカバリーに成功した前歯部単独歯欠損症例
新素材PFSハイブリッドタイプ超硬質レジン
インプラント治療後のメンテナンスの重要性
インプラント上部構造のリサイクル
HOMEへ

インプラント上部構造のリサイクル

AGC Galvano Technic と ハイブリッドレジン「セラマージュ」の応用

★実際に「歯」を造る我々、『歯科技工士』が患者さんに提供できること★



★術式担当:川崎市新丸子のさかい歯科 坂井聡先生 ★



●インプラントシステムは既述したように、綿密な種々の審査による機能的咬合(噛み合わせ)、
 解剖形態、審美性、エマージェンス・プロフィールから歯周組織の再生、そして、オッセオタイト
 (インプラント体の表面構造)などによるボーンインテグレーション(骨との結合)の強度はその
 成功率と合理的、且つ、実践的システムと相まってすでに全世界的に高い評価を得ています。

●自製アバットメントを利用したカスタム・ミリング法(医歯薬出版社のザ・ミリング参照)と機能
 審美を考慮したセラモメタルクラウン/インプラント上部構造の製作、および、ニュー・ナソ
 ロジー理論を応用した機能的咬合面の実際を融合させることによってより高い完成度の
 インプラント上部構造(インプラント上の人工の歯)を製作することが可能と成ります。

◎ただし、もっとも大事にしたいのは我々が、職人として、そして医療人として「より完成度の
 高い人工の歯を造るための感性」を養うことです。

★今まであったインプラントを再利用する★


●あまりにも患者さん自身が気にしておられるインプラントの上部構造(歯)だけを変えましょう。
 と言ったケースも少なくありません。骨に埋まっているインプラント体は問題無くても、実際、
 その上の上部構造を「造るヒト」によっては全く違ったものが出来てしまいます。患者さんは
 そんな歯に数百万ものお金をかけておられました、、、!?

●そこで我々、歯科医師、歯科技工士のできる限りの知識、経験、そして、腕をもって新しく造り
 変えたケースです。材料も最新、最高のものを使っています。そして、何よりも、患者さんが
 口元を気にせず笑ってもらえることが至福なのです。


 『歯科インプラント治療についての情報サイト』はこちらから→気になる医学@歯科インプラント
『視力減退などが気になる方のための情報サイト』はこちらへ→気になる医学@レーシック、視力回復


このカテゴリのトップへ  HOMEへ