金属アレルギー
Homeへ

金属アレルギー 臨床例02
〜バイオメタルのセラモメタルとオールセラミックス 02〜

★続・あなたのお口がこれだけ変わります!この違いわかりますか?★

★症例担当、写真提供:東京都 宇毛 玲先生


     ●上の図は、同じ患者さんのお口です。左は前歯部に大きく炎症があり、アレルギー
       を引き起こす非金属類が入っていた頃の写真。右はそれらを撤去し、バイオメタル(人
       体に有害な物質を取り除いた最高の金属)を裏打ちしたセラミックスのみで製作した
       症例の状態の写真です。

     ● 口腔内で単独のパラジウム、ニッケル、銅、インジウムなどは身体自身に異害作用
       が出る患者さんもみえます。ヨーロッパでは女性の85%。日本でも65%の方が何ら
       かのアレルギーを持っています。

     ● 金属アレルギーによる感作が行われると一生涯、治らないと言われています。
       右の図でもその痕跡がまだ残っていることが分かることでしょう。

     ● アルプスの水が良いとか、富士、六甲の水が美味いといってるうちはまだ笑えますが
       年がら年中、口の中に入っている歯がこれらの症状を引き起こすとしたら、僕なら夜
       一杯の酒を少し抑えたり、バカンスを控えたりして、本気で良い歯医者を捜して『歯』
       を治療するでしょう。

     ● 特に、ヨーロッパでは八重歯など歯並びがわるいとか、歯を治さないとなると乞食扱
       いにされますよ、、、これは実際の話です。考えてみて下さい。


このカテゴリのトップへ  HOMEへ  Next