テレスコープコンビネーション 義歯01
テレスコープコンビネーション 義歯2
Homeへ


テレスコープ義歯&ガルバーノテクニック02

Ceramometal-Telescopdenture
& AGC Galvano Technic



●上下顎にインプラントを装着したケースでしたがインテグレーションが得られず脱落し、上図の支台しか
野越せず、上顎にはフルデンチャ−を完成させ、下顎にはAGC Galvanoによる内外冠を装着したコンビネ
ーション・デンチャーを完成させます。

 ただ、プロの方にはご理解頂けるかと思いますが、パラレルミリングを行った通常のテレスコープのコンビ
ネーション・デンチャーでさえ様々な因子が重なり、製作、装着はそう簡単ではありません。しかもここでは
内冠も外冠もAGC Galvano「99,98%ゴールド」で製作しているため、非常にデリケートです(装着してし
まえば強固ですが)。




術式担当、写真提供:Dusseldorf大学病院 、助教授:Oa.Dr.med.dent.G.Diedrichs先生

●装着時の位置関係を正確に口腔内へ移行するため、パターン・レジンにてトランスファーキャップ(上図左)
を製作AGC Galvano内冠を支台歯へ装着します(上図右)。

●そうして出来上がり、口腔内へ装着された「AGC Galvanoテレスコープ・セラモメタル・テレスコープコンビ
ネーション・デンチャー」です(上図左右)。「歯牙はすべてセラミック製で変色はありません」、ただし、あくま
でもデンチャーですので一定期間を於いたリベース(粘膜にタッチする部分の改善)は行われます。

●既述しましたように、インプラントはインフォームドコンセント上に構築されたドクターフューと質、そして、患
者さん自身のメンテナンスによっては、ほとんど失敗率は無いと言えますが(「インプラントを考えるページ」
を参照)、もし万が一失敗に至った場合の補綴(実際に歯を造り、口の中に装着すること)のケースも考慮に
入れておくことも重要と思われます。

『歯科インプラント治療についての情報サイト』はこちらから→気になる医学@歯科インプラント
『視力減退などが気になる方のための情報サイト』はこちらへ→気になる医学@レーシック、視力回復


このカテゴリのトップへ  HOMEへ