Homeへ

顎顔面補綴とガルバーノテクニック

整形、エステもビックリ!咬み合わせも考慮して、人の顔貌はここまで変えられる

●あるまだ寒さの残る朝、デュッセルドルフの大学病院
のドアを開いたのは56歳の男性でした。下の顎が異常
に小さく問診には小さな字で「先天性下顎骨不全症」と書
かれていました。俗に言う、「バードマウス」のケースです。
●レントゲン、CT。MRI、セファロ、および、Study Model
からのDiagnoseからTherapieの計画を立案します。患者
さんの噛み合わせは普通に咬んで、『上の写真左』のよ
うに前歯が上下35mmの開きがあり、これを歯科矯正で
治療することは無理です。そこで外科、口腔外科、矯正
、補綴科のオーソリティーが集まり。会議を行い、矯正に
よる上顎の咬合平面の改善、および、下顎(下顎角から
臼後結節まで)を切り取り、30mmの人工骨の移植、ミニ
オステオジンテーゼ(骨接着剤)による骨の接着など、種
々の治療術式を決定しました。


● オペ後、1週間の状態』です。
神経、筋肉系統はまだ機能に付いて行けませんが、患
者さんはミニオステオジンテーゼによる上下顎個々の接
着により、口を開けることは可能です。そこで、輪ゴム(矯
正用)によって閉口でき、柔らかい食事ができるように処
置を行いました。


● 顎の治癒、神経、筋肉系統の機能回復を待ちながら
、オペ3年後からプロビショナルレストレーション(暫間的
に入れておくプラスチックの歯)を作り替えながら、顎関
節の正常な機能を回復して行きます。
● そして、5年後、前歯だけ残し、総ての歯牙に最終的
なプレパレーション(歯牙の切削)を行った。

●AGC Galvonoキャップ「99、98%ゴールド」、上に、セラ
ミック(Vintage Halo使用)を焼きつけた下顎のセラモメタ
ルレストレーション(瀬戸物様の人の歯とほとんど見分け
のつかない人工の歯)で補綴。

● 上下顎のセラモメタルレストレーション(瀬戸物様の
人の歯とほとんど見分けのつかない人工の歯)によるオ
ーラルリハビリテーション(口腔の審美、機能の回復)を
行う
● 患者さんのスマイルライン

患者さんの顔貌。下図『左:術前5年前』
『右:術後5年後』。
★『術式担当、写真提供:Dusseldorf大学病院 、助教授:
Oa.Dr.med.dent.G.Diedrichs先生』 ★
5年後の方が若返ってますよね、、、
印象深いケースで患者さんも感動してくれました。

 

このカテゴリのトップへ  HOMEへ