「色」を「光」を読む!
セラミックスラミネート
ホワイトニングを予測した歯冠色調
Homeへ

ホワイトニングを予測した歯冠
色調分析とセラミックスの製作

★前回、ホワイトニングに関する「BLOG」を書きましたが、アクセスがなんと「300件」を軽く超えましたので、
皆様のホワイトニングに対する関心度の高いことが理解出来ました。★

● ということで、今回はホワイトニングを行うケースで、予めホワイトニングを想定した明るい色によって、先行
してセラモメタルクラウン(Vintage Halo : 松風社)を製作するケースを御紹介したいと思います。

★ [まずはより美しさの蘇った術後の状態です!] ★

● 美しいスマイルラインと患者さんの微笑です。

[どんな治療と造り方をしたの?] 

● 上はホワイトニングを想定して明るい色で製作したセラミックスのクラウンとそれを装着した口の中のホワイトニング前
の状態です。ここでは、まだ隣接する歯は暗めで、側切歯のCR充填も終わっていません。
  また、歯頚部に多少強めの豐隆が認められ、歯肉への圧迫(少し暗くなっている部分)が認められたため、この部分を
すこしフラットに修正を行いました。

● 専門的には、「前歯部がA4より色濃度が濃いことから、予めホワイトニングを想定した1.5~2.0ランク明るい色濃度である
A3.25の基本色にてセラモメタルクラウンを製作した。ただし、ホワイトニング後に、多く観察される切端部内側のブルーなエ
ナメルをBlue Translucent、また、歯冠表面の脱灰による乳白色の部分はOpal Occlusal + Opal Miky + Orangeの調合によ
って表現した。」と言うことです。

● つぎに、歯牙をホワイトニングし、中切歯2本をセラミックスによって修復、側切歯のCR充填を新しくすることによっ
て、「白く美しい歯」が蘇るのです。(上部写真)。


[術前の状態とセラミックスの中身はどうなってるの?] 


● 術前は上部写真左のように、臼歯部の比較的に明るい色(専門的には、「色濃度3のケース」)に対して、前歯部は色が暗い
(専門的には、「A4より色濃度が濃いケース」と言えます)ことから前歯部にホワイトニングを行う計画を立てました。

●また、高い適合精度と強度、そして、審美性を実現するため、上部写真左のAGCゴールドキャップ(Wieland社 :日本輸入元
_大信貿易社)、99、98%ゴールドで出来ているのです。

★症例担当:東京都港区神谷町オランダヒルズ/UKE DENTAL OFFICE 宇毛 玲先生)


このカテゴリのトップへ  HOMEへ  Next