『医師免許の更新制導入』と『医療機器の内外格差の是正』


『医師免許の更新制導入』と『医療機器の内外格差の是正』はどう歯科医療界へ影響するか?

●政府の規格改革・民間解放推進会議は続発する医療ミスを防ぐために「医師免許の更新制」導入、
そして、「医療機器の内外格差の是正」についての答申を小泉首相へ提出しています。

◎医師免許の更新制の検討は「医療の質向上のため問題のある医師の処分や再教育制度の確立」
とともに答申に盛り込んでいる模様です。

 これに対して、医師会は「医療への行政の関与が強まるのは好ましくない」と主張しており、協議は
難航しそうです。

◎また、医療分野では海外に比べ割高とされる「医療機器の内外価格差の是正」についても具体的な
施策を実行するとしました。

 これに呼応して歯科医療界への波及は必須と考慮されますが、具体的な是正案についてはまだま
だ時間が掛かりそうです。

◎ただし、病院の事務効率化やサービス向上につながる「電子カルテ」は急普及を後
押しするため地域の中核病院に2005年度中に先行導入する構えらしいです。



このカテゴリのトップへ  HOMEへ