「ワックスアップ」とは、、、何
 矯正を必要とする「診断用ワックス・アップ」の実際
補綴用実践的ワックスアップ手順を追う!(コンビ01)
補綴用実践的ワックスアップ手順を追う!02
Homeへ

★ 補綴用実践的ワックスアップ手順を追う!(コンビ01)★

前項に続き、次は、臨床上、非常に難易度の高いといわれている『コンビネーション・デンチャ−』の
ワックスアップ(骨組みを造る作業)手順を紹介して行きます。



● 『コンビネーション・デンチャ−』とはクラスプ(バネ)のない、取り外しの利く、前から見ても「白い歯」しか見えない義歯のことです。
これは何らかの理由(難度の糖尿病患者の方、口腔内細菌検査が著しく悪い方など)で、インプラント治療の困難な方にお勧めして
おります。




● まず、診断用Wax Up、または、模刻を行い(上図)、そこからミリング・マシーン(下図1)を用い、
取り外す部分のスペースを確保します(下図2)。



















●ヘラウス社の技工用レーザー溶接器











★これを「6日間」のマイスターコースとして『マスターセラミストスクール(MCS)』で行いました。
皆さん、過激な講習会、本当にお疲れ様でした。



このカテゴリのトップへ  HOMEへ  Next