テレスコープコンビネーション 義歯01
テレスコープコンビネーション 義歯2
Homeへ


テレスコープ義歯&ガルバーノテクニック01


●現在、インプラント治療の成功率はトロント会議[1998年]により95%以上でありながら、不幸にもこんな
ケース「100本のなかの5本」も有り得ます。(「インプラントを考えるページ」を参照)
 
患者さんは57歳、女性、著明なインプラントロジストのところでインプラント治療(オペ)を受け、3週間後
には上図左右のように上顎全歯、下顎X部に上部構造が出来上がり、装着、診療終了。すごいDr..と思い
ましたが・・・・。



● 案の定、インプラントを埋入した上顎全歯、下顎X部はすでに壊疽を起こし、再生不可能、統べての
インプラントを埋入した部位は撤去となりました。

 その後、インプラントを撤去し、治癒した状態が上図左の状態です。垂直的な骨、軟組織再生療法を
応用する事も可能ですが、患者さんは「NO!もうオペはコリゴリです!!!」と。



●非常に理解できます。相談の上、「オペ無し」の上顎はフルデンチャ−、下顎には、取り外しの利く、
AGC Galvano、および、バイオメタルのコンビネーション・デンチャ−(上図左)を計画せざるを得ません
でした。AGC Galvanoのコンビネーション・デンチャ−(上図右)はとてもスムーズに脱着可能であるこ
とから、顎堤を考慮してもこのケースには最適です。



● ここで上下顎の被蓋をコントロールするため、患者さんに「F」と「S」の発音が完璧にできるかどうかを
分析します。「F」は下唇を巻き込んでの発音であるため「F」の発音ができない場合、下顎前歯の長さに
問題があるため、上図左のように黒くマーキングを施した箇所を少しづづ削合しながら調整していき、完璧
な“F”の発音ができるようにします。

また、「S」の発音は上下顎の被蓋が完璧で無い場合、不可能であるため上顎の前歯の長さが大きく影響
してきます。こうして、上下顎の前歯部の長さが決まれば、この後、カロッテ(排列用ジグ)を応用して臼歯部
を並べるだけです。




術式担当、写真提供:Dusseldorf大学病院 、助教授:Oa.Dr.med.dent.G.Diedrichs先生

●こうして仕上げた物が上図の上顎フルデンチャ−です。ただし、ガミースマイル(笑ったときに歯茎が出る
状態)を極力避けるため、前歯部隣接部をコンタクトラインで調整し、機能を考慮した切縁部、および、表面
性状を改善する事が重要になります。


このカテゴリのトップへ  HOMEへ  Next