自然に適ったオクルーザルコンセプト
自然に適ったオクルーザルストップの確保
自然に適ったオクルーザルコンセプト01
自然に適ったオクルーザルコンセプト02
コンピューターアナライザーを応用した咬合診断の実際01
コンピューターアナライザーを応用した咬合診断の実際02
Homeへ

各種コンピューターアナライザーを応用した咬合診断の実際 01

NATシステムをより、実践的、かつ、臨床的に活用するためには、同時に、より正確な
咬合再得が必要条件となってくる。

 限り無く正確なセントリックを把握する方法としては、1991年、ドイツではコンピュー
ター制御による顎運動測定装置が発表されている。このシステムはDr.Dr.Klett氏が開
発した、光学センサーをコンダイラボックスに応用した"Condylocomp LR3"と呼ばれる
ものである(写真下)。


●Condylocomp LR3 :光学センサー型コンピューター顎運動測定装置は基本的に従来のヒンジロケーター、
および、パントグラフ・システムの術式と同様、習慣性蝶番軸の平均値を測定し、ハンドオンによるセントリック
誘導法(ドーソン法)を応用し、仮のセントリックを求めた後、実際に、前方運動、左右側方運動、および、会話
時の顎運動を促すことによって実践的セントリックを求めるシステムである。これによって、前後のセントリック
ポジションには微妙なズレが生じるが、コンピューター上での逆算システムによって、このズレを修正すること
なく、リアルタイムで顎運動の分析、および、個々の咬合器への調節値の算出が可能となる。

●Condylocomp LR3の特性としては大別して次の2つの機能を有する。

 1.顎運動分析:
   ・ディスプレイ表示による下顎運動の分析・咬合診断への活用
   ・セントリックポジションの確保
   
 2.咬合器へのデータトランスファー:
   ・スチュアート, Kavoプロター, パナデント, SAM, ハナウ, ディナー
    など各咬合器へのセットアップ用全データの取得:
   ・Condylocomp LR3パントグラフを用いた上顎模型の咬合器上への装着
   ・コンダイラボックスの調節値;
     矢状顆路角, ベネットアングル, イミディエイトサイドシフト量,
     後方運動量    
   ・インサイザルテーブルの調節値;
     アンテリアガイダンス, 左右犬歯誘導(or グループファンクション)

 3.患者リストの作成:個々の患者に応じた咬合分析、および、診断情報の管理

●このシステムはDieter Schulz等によってさらに改良され、『個々の咬合器上へオンライン・システムでの
情報伝達』が可能となった。これはCondylocomp LR3と咬合器のコンダイラボックスをオンラインで結び、さら
に、コンダイラボックスのセントリック調節スクリューを微妙に可動させることによって、コンピューター・モニター
上でリアルタイムでセントリックの位置の移動、確認することができる。それによって、より正確な実際のセント
リックの獲得が可能となる。



●NFRのセントリック(D.SCHULZ、Dr.Verlsen,Uni.Duddeldorf 「Okklusions Koncept」より引用)

◎『月刊「歯科技工」別冊 :目で見るクラウン・ブリッジ 〜トータルにとらえる歯のかたち
〜 PartIII 歯牙形態を“作る” 臼歯編 大畠一成 著』より引用、改編

D.シュルツのワックスアップテクニック D シュルツ/大畠一成訳:D.シュルツのワックスアップテクニック医歯薬出版


このカテゴリのトップへ  HOMEへ  Next