自然に適ったオクルーザルコンセプト
自然に適ったオクルーザルストップの確保
自然に適ったオクルーザルコンセプト01
自然に適ったオクルーザルコンセプト02
コンピューターアナライザーを応用した咬合診断の実際01
コンピューターアナライザーを応用した咬合診断の実際02
Homeへ

各種コンピュータアナライザーを応用した咬合診断の実際 02

●次にKavo.Ewl.社にて発表された、"DIGMA"(超音波ナビゲーション型
コンピューター顎運動測定装置)について触れておきたい



「DIGMA」の計測システムは元来、ロシア・アーミーの超音波ナビゲーション・システムを応用して
開発が行われ、このシステムにより、非常に短時間で必要なデータをすべて取得することが可能であ
る。「DIGMA」の原型は、実践的には、「ZEBRIS(写真左上)」と呼ばれる全身の平衡性自動診断装置の
一貫であり、パラファンクションから生じる根幹的咬合異常を是正する意味で、重要性を有する。さら
に、顎関節運動データの記録は専用プリンター(オプション)を用い、プリントアウトが可能である


●次に、DIGMA(超音波ナビゲーション型コンピューター顎運動測定装置)は下記の二つの機能に
大別され、これも同様に専用プリンターによりプリントアウトが可能である(写真上)。


1.PROTAR咬合器へのデータトランスファー
  PROTAR 7/ PROTAR 9 セットアップ用全データの取得:
   ・咬合器上における上顎模型の位置
   ・コンダイラボックスの調節値;
    矢状顆路角, ベネットアングル, イミディエイトサイドシフト量,
    後方運動量
   ・インサイザルテーブルの調節値;
    アンテリアガイダンス, 左右犬歯誘導(or グループファンクション)

2.顎運動分析
  ディスプレイ表示による下顎運動の分析・咬合診断への活用:
   ・キネマティック・アキシス(全運動軸)の把握
   ・顎運動の分析;EPAテスト



●今や、ヨーロッパではこれらコンピューターを使った咬合分析がポピュラーに成りつつあり、コンセプト自体にも
違いが存在し、シノギを削っているが、筆者にすれば、患者サイドに立ったニュー・ナソロジーの展開が重要な意
味を持つのである。


●オーラルリハビリテーション症例の実際 :


★術式担当:川崎市新丸子のさかい歯科 坂井聡先生 ★

◎『月刊「歯科技工」別冊 :目で見るクラウン・ブリッジ 〜トータルにとらえる歯のかた
ち〜 PartIII 歯牙形態を“作る” 臼歯編 大畠一成 著』より引用、改編

D.シュルツのワックスアップテクニック D シュルツ/大畠一成訳:D.シュルツのワックスアップテクニック医歯薬出版


このカテゴリのトップへ  HOMEへ  Next