「色」を「光」を読む!
セラミックスラミネート
ホワイトニングを予測した歯冠色調
Homeへ

セラミックス・ラミネートの臨床



● 欧米人には良く見受けられる「前歯」が後退し、虫歯による歯の着色が見受けられます(上部写真 左上
下)。そこで、鼻骨尖頭部を基準に「ノーマルでナチュラルな歯を(上部写真 右下)」と言うのが患者さんの
主訴でした。



● この場合、ほんの少し歯を削るだけで薄いセラミックスを製作し、接着する「セラミック・ラミネート」と呼ばれ
る補綴法が応用できます。上部写真 左は通常のケースで0、3〜0、5mmの薄さで天然歯の持つキャラクタ
ライズを施したものです(耐火材埋出、直後)。

●このケースでは前歯の出具合を変更するので、通常のものより厚く製作してあります。ただ、この「セラミッ
ク・ラミネート」のテクニックを応用することによって、スープラ・マージン(縁上の人工歯と天然歯の境界線)に
もかかわらず、マージン部は透明感を与えることが可能でよりナチュラルな歯を製作することが出来ます(上
部写真 右)。

●完成した「セラミック・ラミネート」を口腔内に装着した状態(下部写真 左)と患者さん(下部写真 右)。この
笑顔は何ものにも代えがたい!!!

「症例担当:ドイツ Dusseldorf市 Dr.Maiyerhofer先生」

 


 『歯科インプラント治療についての情報サイト』はこちらから→気になる医学@歯科インプラント
『視力減退などが気になる方のための情報サイト』はこちらへ→気になる医学@レーシック、視力回復


このカテゴリのトップへ  HOMEへ  Next