「色」を「光」を読む!
セラミックスラミネート
ホワイトニングを予測した歯冠色調
Homeへ


色」を「光」を読む!
〜歯科用デジタルカメラ「EyeSpecial2」の登場〜

● 「ニュートン」は「色は光りそのものである」と提唱し、我々は「光り」そのものを
 分析することによって、下図のような「セラミックスで造った歯(右上中切歯〜犬歯
 までのブリッジ)」を提供することが可能となります。



● ただし、そのためには患者さん、歯科医師の先生方の協力が不可欠になります。
また、近年は「口腔内撮影用のデジタルカメラ: EYE SPECIAL 2」が開発され、
やっと直接目視に近い画像が撮影可能になりました(写真下)。これをメールで
添付したり、PCカードに入れてもらって色調分析に使用します。

● このカメラは斯界では有名な「山本 眞」先生、ミノルタ社、そして松風社の
共同開発によって出来上がったものです。これによって、写真下のように、
色見本を入れて様々な角度から撮影してもらえば、ほぼ間違えの少ない
色調分析が出来る次第です。
 

● また、歯牙の色調は半透明の多重構造から成り、その構造を明度、色相、彩度の
三次元的に置き換えるためには、歯牙構造を良く知ることと、術者の経験と技術が
決め手と成ることは言うまでもない事実です。


●そこで筆者の場合、上記の画像からマニュアル的スケッチを行い、その治療部位
の層構造を把握し、僅か1mm程度の空間に手作業を持って行います(写真下参照)。
これはまた、後に他の部位を作成するためにも役立つのです。

★ こうして多くの知識と経験、細やかな手技、そして、何よりも「高い感性」が相互に
作用し合って、完成度の高いものが出来き上がるのです。

 (◎症例担当:東京都江東区 谷沢歯科医院 谷沢和紀先生)

『◎医歯薬出版社「歯科技工」第21巻、第11号、巻頭より引用、改変』


 『歯科インプラント治療についての情報サイト』はこちらから→気になる医学@歯科インプラント
『視力減退などが気になる方のための情報サイト』はこちらへ→気になる医学@レーシック、視力回復


このカテゴリのトップへ  HOMEへ  Next