「色」を「光」を読む!
セラミックスラミネート
ホワイトニングを予測した歯冠色調
Homeへ

デジタル歯冠色調分析器「Shade Eye Ncc」
を用いたShade Taking の実際

●上顎両中切歯をセラミックスによって補綴(患者さんと担当歯科医の先生との相談から瀟々、
白めの色を選択:写真下)。



●近年、IT、そして、光学業界ではアナログ一眼レフ・カメラに代わり、従来のフィルム、および、現像作業を
必要としないデジタルカメラの普及が目覚ましい。それに追随してデンタル・フォトグラフィックスのデジタ
ル化も着々と進化しつつある。

これは、我々がこれまで審美補綴分野の歯冠色の分析において、経験と直感に頼って臨床を行ってきた
事実を大きく改革させる可能性を大きく含んでいる。





●筆者はこれまで直接目視法、シェードアイ分析情報(写真右下)、および、スライド分析をコンビネーションさせな
がら審美補綴の臨床に臨んで来た。その中で、アナログ一眼レフ・カメラによるスライド画像と直接目視による色
情報の相関性に多くの疑問を抱いていたが、果たして、多くの著明な臨床家の方々の意見や筆者自身の経験
を基に、総合して考察すれば、スライド画像と目視相関性には大きな「メタリズム」による隔たりが存在する



● そこで、斯界を代表する『山本 眞先生』が松風社、および、コニカミノルタ社と開発したシェードアイEX
の改良器種、『シェードアイNCC』 (写真左上)とデジタルカメラによる『デジタル画像』、および、そのデータ
管理システム『シェードアイビューア』 (写真右上)を応用した確実なコンセプトがこれからの臨床に与える
優位性は多大であると考える。

★この『NCCコンセプト』は歯学上に存在する色調を分析、体系化し、臨床に対応するための一貫した
コンセプトを確立する。そして、歯科学を体系付けることは、『より多くの同胞がより多くの人々に幸福を
与える』という意味で偉大なことであると筆者は考える。


◎ 『症例担当:東京都国分寺市 工藤歯科医院 工藤 勉先生』

『◎医歯薬出版株式会社「月刊/歯科技工」第21巻、第11号、巻頭より引用、改変』
『◎(社)日本歯科技工士会/「日本歯技」2002年/7月号より引用、改変』


 『歯科インプラント治療についての情報サイト』はこちらから→気になる医学@歯科インプラント
『視力減退などが気になる方のための情報サイト』はこちらへ→気になる医学@レーシック、視力回復


このカテゴリのトップへ  HOMEへ  Next