自然に適ったオクルーザルコンセプト
自然に適ったオクルーザルストップの確保
自然に適ったオクルーザルコンセプト01
自然に適ったオクルーザルコンセプト02
コンピューターアナライザーを応用した咬合診断の実際01
コンピューターアナライザーを応用した咬合診断の実際02
Homeへ

自然に適ったオクルーザルコンセプト
〜NAT Technik nach Dieter Schulz〜

↑クリックすると画像が変わります
 -NAT Technik nach Dieter Schulz-

★「審美歯科」とともに大事なことがある、、、★」

 近年、「審美歯科」のキーワードが患者ウケする中、元来、哺乳類が地球に誕生して以来からの「機能的に噛む」という歯科における最大のキーワードが薄れて来ています。

1999年、ドイツ・ナソロジー(顎咬合学:咬み合わせに関する理論)の大家、Polz氏は永い眠りにつきました。

Polz氏のワックスアップテクニックは元来、P.K.Thomasのワックスコーンテクニックを基本とし、さら に、天然歯を基本とした形態機能的咬合面として発展させ、また、「オクルーザルコンパス」を発案、完 成させることになります。故Polzの哲学は、日本で紹介される機会が稀ではありましたが、ヨーロッパ 全土で絶大な咬合理論への影響を与えることになったのです。

そしてDieter Schulz氏は、その故M.Polzの哲学の継承者であり、師の哲学をもう一歩進化させ、 『NAT=NaturgemsseneAufwachstechnik/自然(天然歯)に適ったWAX-UP法』を完成させました。氏 の理論はヨーロッパ・ニュー・ナソロジーの中で最も理論的、且つ、実践的なワックスアップテクニックの 1つとしてヨーロッパ全土で絶大な定評を得ています。

この理論を用いることによって咬合面の全ての隆線から副隆線、または、裂溝から副溝に至るまで咬 合上、一定の規則性を帯びていることを学ぶことが可能となり、明日の臨床に多大なる影響を与えるこ とを期待します。


●『医歯薬出版/月刊「歯科技工」/別冊「目で見るクラウン・ブリッジ /トータルにとらえる歯のかたち」より改編、引用』●


● NAT Technik = 自然(天然歯)に適ったWAX-UP法

 Dieter Schulz氏(写真左上)のワックスアップ法の基本は、故M.Polz氏のシステムを応用したものである
が、実は、その基盤は、数億年前の哺乳類の歯牙発生学にある。
 
 それは、哺乳類特有の咬頭3点接触に深く関連する3つのマメロン咬頭(コニー)の嵌合関係に起因する。
この3咬頭の構成単位、および、顎運動によって生じる咬頭、および、嵌合部の動きを2次元的な
"咬合コンパス"(写真右上)として表し、下記の国際規格のカラーコードに分類している。

 

赤(点)     = Casp(咬頭頂)
赤(円周)   = Fossa (中心窩)

黄(破線)   = Latro-protrusion (作業側 前側方運動)
赤(点線)   = Medio- protrusion(平衡側 前側方運動)
青(実線)   = Latrusion(作業側 側方運動)
緑(実線)   = Mediotrusion(平衡側 側方運動)
黒(実線)   = Protrusion(前方運動)
赤(矢印下)  = ISS(イミディエイトサイドシフト),
赤(矢印上)  = Retrusion(後方運動)


    



●ただし、 個々の運動経路は3次元的に複雑に絡み合っており、特に、Retrusion(後方運動)に関して
は、さらに、上方、下方、水平的に変位するにも関わらず、その存在さえあまり知られていなかった。

● 実は、このRetrusion(後方運動)、および、ISS(イミディエイトサイドシフト)の発生を避ける意味で、咬合
面結節(写真中央)を形成し、顎運動によって生じるセントリックからの咬頭障害を補償するシステムがこの
ワックスアップ法の醍醐味である(言い換えれば、スマッシュルーム「咬合上の遊び」をかくほする)。また、
咬頭傾斜の緩やかな咬合の場合(グラインド傾向の強い咬合)、上記の3基本咬頭頂を結ぶ3角と中心窩
を結んだ凹部の角度を調節することによって、咬頭干渉を緩和させることが可能となる。

● また、Wien大学のProf.Dr.Slaviechek 等やWestern Burger Kontakt派のDr.Reuschらの順次離開咬合
(日本では最近、シークエンシャル・オクルージョンと呼ばれている)を応用すれば、その適正な咬頭傾斜角
をコンピューター算出することもできる。

『医歯薬出版株式会社 D.シュルツのワックスアップテクニック 著者: グンター・ゾイベルト  訳:大畠一成 』 

◎参照


D.シュルツのワックスアップテクニック D.シュルツのワックスアップテクニック

臨床技工咬合の新潮流―機能は“IN”か“OUT”か
Stefan Schunke ステファン シュンケ 斎木 好太郎 前田 芳信 重村 宏
クインテッセンス出版 (2002/11)
売り上げランキング: 906,945

これからの咬合誘導―GPのための審美から機能美への新咬合治療法
荻原 和彦 葛西 一貴
学建書院 (2004/01)
売り上げランキング: 470,694

小児歯科疾患・口腔病変・不正咬合
黒崎 紀正 小口 春久 岡野 友宏 住友 雅人 飯田 順一郎 古郷 幹彦
医歯薬出版 (2002/07)
売り上げランキング: 754,942

臨床咬合学事典
臨床咬合学事典
posted with amazlet at 05.06.29
河野 正司
医歯薬出版 (1997/05)
売り上げランキング: 1,484,114

このカテゴリのトップへ  HOMEへ  Next