自然に適ったオクルーザルコンセプト
自然に適ったオクルーザルストップの確保
自然に適ったオクルーザルコンセプト01
自然に適ったオクルーザルコンセプト02
コンピューターアナライザーを応用した咬合診断の実際01
コンピューターアナライザーを応用した咬合診断の実際02
            Homeへ

自然に適ったオクルーザルコンセプト
の実際とオクルーザルストップ
〜NAT Technik nach Dieter Schulz〜



◎ オクールザルコンパスの位置関係(「咬合の概念」から引用、Verlag Neuer Merkur)




◎NAT Technikを応用した臨床ケース

●これまでヨーロッパでのナソロジーの展開は記述の通り、新しい展開を見せている。

●今回はZTM.M.Polz, D.Schluzらの咬合理論に限ったものであるが、彼等と類似した形の咬合理論を推称する
ZTM.S.Schunkeや、ヨーロッパ内、特に、既述のドイツ語圏であるウィーン大学、Prof.Dr.Slaviechek 等や、その
流れを汲むドイツのWestern Burger Kontakt派のDr.Reuschらのシークエンシャル咬合理論など様々な理論が
存在する。ただし、これらは、主に、欧米民族に見られるタッピング傾向の強い咬合には適用できるが、、、

●日本人など、モンゴル民族に見られるグラインド傾向の強い咬合に果たして最適であるかはこれからの課題と
思われる。これらの奔流を理解し、自ら選択、または、融合することによって、また新しい一歩進んだ、そして、
何よりも患者サイドに立ったニュー・ナソロジーの展開が見られるに違いない。

『医歯薬出版株式会社 D.シュルツのワックスアップテクニック 著者: グンター・ゾイベルト  訳:大畠一成 』 

『医歯薬出版株式会社 月刊「歯科技工」別冊 「目で見るクラウン・ブリッジ 〜トータルにとらえる歯のかたち
〜 」PartIII 歯牙形態を“作る”、臼歯編:大畠一成 より引用、改編』

『医歯薬出版株式会社 月刊「歯科技工」別冊 「ワックスアップ 〜これからのスタンダード〜」/Part 4 Case
Presentation :機能と審美性を追及する臼歯部ブリッジのワックスアップ 花輪容子 大畠一成 より引用、改編』

D.シュルツのワックスアップテクニック D シュルツ/大畠一成訳:D.シュルツのワックスアップテクニック医歯薬出版



このカテゴリのトップへ  HOMEへ  Next