Homeへ

インプラント:サイドスクリュータイプ&ガルバーノテクニック


●前歯部インプラントに関しては、骨の量、歯茎の厚みなどから、インプラントの植立位置、機能と審美を
兼ね備えることが非常に、難しく骨の量、傾斜角にトップダウントリートメントに沿った植立を行う場合、患
者さんからの要望から、骨、または、歯周組織再生術を行わないと仮定すると、左上の写真のように唇側
傾斜を避けることはさらに困難を極めます。

● これらの症例に対応するために俗に言う「UCLA」アバットメント(カスタムに形を変えられるシステム)
を使用することによって傾斜角度を補正することは可能です。



● しかし、そこにセメント合着なしの「サイドスクリュー」によって、出来上がったクラウンをネジ止めするには
『非常に精密な外冠の適合が必要です!』。そこで最も簡単に『精密な外冠』を製作するために『AGC ガル
バーノテクニック』による直接電鋳法を応用した、セラミックス焼き付け用のコーピングの製作法が有効とな
ります。


● 「ネジきり」や「ダイス」を用いれば、サイドスクリューの径の大きさをコントロールすることも可能です。また、
万が一、事故(サイドスクリューが折れる等)が起っても、口腔内にてネジ切りを行うことによって更に径の大
きなものを装着することが出来ます。




このカテゴリのトップへ  HOMEへ  Next