自然に適ったオクルーザルコンセプト
自然に適ったオクルーザルストップの確保
自然に適ったオクルーザルコンセプト01
自然に適ったオクルーザルコンセプト02
コンピューターアナライザーを応用した咬合診断の実際01
コンピューターアナライザーを応用した咬合診断の実際02
Homeへ

自然に適ったオクルーザルコンセプト(NAT Komcept nach
D.Schulz)を応用したセラミックスクラウンの製作 01



● 正確なセラミックス材の盛り上げにより、焼成後、僅かな隣接部、および、咬合面の調整によって完成させることが可能となる



● 『NAT Technik』をセラミックスの製作に応用することによって、機能性を有する審美的咬合面の製作が可能
となる(写真上)。

● 人間の歯牙である前歯、臼歯はどちらが重要であるかとは無関係に相関関係に有ると言う事実は、天然歯
の審美的副産物として存在することよりも重要な意味を持つはずである。

● これは人類の進化と共に、咬頭、裂溝、面、隅角から成る効率的システムとして発達を続けている。しかも、
上下の顎が非常に複雑に、そして、相関的に絡み合っている。それだけではない。臼歯部 、 特に、複雑な構造
形態を有する大臼歯においては、人の食物摂取、さらには、我々の患者の全身状態に計り知れない大きな影響
を及ぼすのである。

◎施術担当歯科医:東京都中野坂上(医)英知会 山手通り歯科 相原英信先生



●NAT Technikは臨床上ダイナミック・オクルージョン、言い換えれば、ポイントセントリックの咬合関係をコンセプトとしている。

D.シュルツのワックスアップテクニック D シュルツ/大畠一成訳:D.シュルツのワックスアップテクニック医歯薬出版

 『歯科インプラント治療についての情報サイト』はこちらから→気になる医学@歯科インプラント
『視力減退などが気になる方のための情報サイト』はこちらへ→気になる医学@レーシック、視力回復


このカテゴリのトップへ  HOMEへ  Next