自然に適ったオクルーザルコンセプト
自然に適ったオクルーザルストップの確保
自然に適ったオクルーザルコンセプト01
自然に適ったオクルーザルコンセプト02
コンピューターアナライザーを応用した咬合診断の実際01
コンピューターアナライザーを応用した咬合診断の実際02
Homeへ

自然に適ったオクルーザルコンセプト
(NAT Komcept nach D.Schulz)を応用した
セラミックスクラウンの製作 02

NAT Technikは臨床上ダイナミック・オクルージョン、言い換えれば
 ポイントセントリックの咬合関係をコンセプトとしたが・・・・・



● NFR Technik = 自然(天然歯)に適った審美機能的WAX-UP法2:

 臨床の実際として、ファセット咬合関係が必要となる。このファセット咬合を理論化するために
は、NATのセントリックと咬頭障害の理論が必要となる。なぜなら、この咬頭障害を起こしやす
い部位が臨床上のファセットを形成する基礎となるからにほかならない。

 このことから、NFR Technikの理論を熟知することによって、この複雑に絡み合った咬頭干渉
を口腔内で微調整するためには、どこ?をどう?削合すべきかの指針となる。



◎上顎大臼歯における咬頭干渉の生じ易いオクルーザル・コンパス上の運動経路


●NFRのセントリック(D.SCHULZ 「Okklusions Koncept」より)


(症例担当:東京都港区虎の門 Uke Dental Office  宇毛 玲先生)

●限り無く正確なセントリックを把握する為に、、、
 ただし、このシステムをより、実践的、かつ、臨床的に活用するためには、同時に、より正確な
咬合再得が必要条件となってくる。そこで、つぎは、限り無く正確なセントリックを把握する方法
を紹介したい、、、

 D.シュルツのワックスアップテクニック D シュルツ/大畠一成訳:D.シュルツのワックスアップテクニック医歯薬出版

『歯科インプラント治療についての情報サイト』はこちらから→気になる医学@歯科インプラント
『視力減退などが気になる方のための情報サイト』はこちらへ→気になる医学@レーシック、視力回復


このカテゴリのトップへ  HOMEへ  Next