抜歯後即時埋入即時負荷インプラント
前歯部インプラント:骨、および、歯周組織再生術
リカバリーに成功した前歯部単独歯欠損症例
新素材PFSハイブリッドタイプ超硬質レジン
インプラント治療後のメンテナンスの重要性
インプラント上部構造のリサイクル
HOMEへ


ガルバーノテクニックと ハイブリッドレジン「セラマージュ」の
コンビネーションによる咬合力の緩衝

「3i インプラント・システム」

● 「3i インプラント・システム(3i インプラントイノベーション社)」を応用し、
2°角(最も接着性の適合を得らる角度を与える)にメタルミリングを行う



◎ 『セラマージュ』と『AGCガルバーノコーピング』によるインプラント上部構造



★『セラマージュ』と『AGCガルバーノコーピング』によるインプラント上部構造の「利点」
●AGCガルバーノコーピング(99、98%ゴールド:WIELAD社/輸入元;大信貿易)と
 ハイブリッドタイプレジン(セラマージュ:松風社)とのコンビネーション。
 インプラント体は固体的埴立状態にも拘わらず、上部構造体のコンビネーションによる
 弾性によって咬合圧を緩和することが可能と成る。

●「セラミックス」と違い、口腔内での修正が容易に、かつ、同一マテリアル  
 で可能となる。

●天然歯(対合歯)に優しい。

●価格的に安価である。


◎ITI-インプラント上に製作されたAGCガルバーノ・キャップ(写真上:提供;大信貿易)


★以上、「利点」のみを挙げましたが、実際、「セラミックス」と比較すると、あくまで
 「レジン・ベース」であるため長期的に『着色』は避けられない事実である。
 その際、長期水中着色試験でもっとも優位性を有する『セラマージュ』の選択は
 大きいと推察される。

 『歯科インプラント治療についての情報サイト』はこちらから→気になる医学@歯科インプラント
『視力減退などが気になる方のための情報サイト』はこちらへ→気になる医学@レーシック、視力回復


このカテゴリのトップへ  HOMEへ  Next