歯の色」ってどうやって決めるの?
正しい「歯の色」の決め方
臨床から学ぶ「歯の色」の決め方
Homeへ


「歯の色」ってどうやって決めるの?

●『歯の色』って色々ですよね。では、歯医者さんや技工士さんは
 「どうやって」色を決めるのでしょうか?

●歯の色見本はいっぱいあります。でも、確実な「色の決め方」が
 あるんです。左図は『間違った方法です』。
 
 何ででしょう?!それをこれから解説していきます。

●『歯の色』を決めるためには、左のような『色見本』を使って、
 直接、人の眼で『比色』する方法と最近では『コンピュータ制御
 の測色器= Shade Eye NCC』があります。

●見本数は多くありますが、一社(松風社)のみの一部の物だけで
 実際に、外国製品もあわせるとこの10倍以上になってしまうこと
 でしょう。

*筆者が使っている『歯の色見本』の一部、あくまでも一部です。
 この中から、あなたに合う『色』を見つけなければなりません。
●『歯の色』を決めるためには、既述したように『色見本』を使って
 直接、人の眼で『比色』する方法があることを報告しました。

●ここで最重要な事項は『ヒトの眼の構造』を良く知ることです。
 図左はヒトの眼ですが、これを縦割りにしたものが図右です。
 ヒトの眼の「構造」は「カメラ」のそれと似ています。

●ヒトの眼に入った『光り(色)』は角膜、水晶体、硝子体をとおって
 「網膜」に伝わります。カメラで言う「フィルム」です。ここには二種類
 の「視細胞:錐状体と桿状体」が存在し、それぞれ「色覚と光覚」を
 司り、入って来た光を刺激として捕らえます。その刺激に対して、
 これらの「視細胞:錐状体と桿状体」が化学反応をおこし、刺激を
 物理的に交換された情報が、視神経をとおって、脳の視中枢
 (視覚領)へ伝達され、写真と同様に、物が見える訳です。


★そのためには昔から言われている「グレーカード」や「無彩色の物」を見るとかではなく、静かに眼を閉じて、光(=色)の刺激を
 受けない環境にしてやることが重要になってくるのです。
 そこで上図から考察できることは、光(=色)の刺激を受け分解してしまった物質をもう一度、もとの視覚物質に再合成させる必要
 があるわけです。

★そして、我々が同様に「歯の色」を見る時、時間の経過とともに「眼」は「ニュートラル」な状態に戻り、もはや色を認識することは
 不可能な状態になっているのです。

 ゲーテは庭の「黄色いサフラン」を見つめていて、ふと地面に眼を落とすと、そこに数点の「紫の色」を見て、この黄色と紫色が
 「補色関係にある」ことを発見しました。

●ヒトの眼は光(=色)の刺激を受けた場合、それを「ニュートラル」な状態に戻そうとする作用を起こし、言い換えれば、「見た色の
 補色関係にある色」を取り込もうとするのです。

●では、これら視細胞が光(=色)の刺激を受けた場合、どのような化学反応を起こすかを表したものが下の図です。

★「歯の色」はヒトの体調によっても変化しますので、僕は今、風邪ひいて、熱がありますから、自分の「歯の色」も変化しているし、
 まして他の人の「歯の色」を分析することも難しいでしょうが、、、

●ヒトが物を見る際、ピントをあわせる点が中心窩(図参照)と呼ばれる「くぼみ」であり、最近、はやりのレーシック
 この点にどう焦点を合わせるかが課題となっている。

●記述したように、ヒトが「色」を見極める視細胞は「錘状体」であり、この「中心窩」の2mmの範囲に160、000の細胞が
 2度角で集まっている(下図参照)。言い換えれば、ヒトは2度の角度の範囲内で比較的(体調さえ良ければ、、、)、正確な
 「色」を分析できるわけである。これを専門的に「2度視野」と呼んでいる。

 さて、ではこれを我々の「歯の色」を見分ける際に当てはめてみよう。1m以上離れて見るヒトはいないだろうし、不可能である。
 通常、30cmと言われている。この30cmの距離にこの「2度視野」を考慮し、計算するとなんと「1cm」の幅しかない。1cm
 と言えば「前歯一本分」にしか相当しないのである。



● このことから、OCT.19.2005の図は歯の横に「色見本」を置いてしまっていることで約2cmの幅になってしまうのである。
 よってこの方法が間違っていることが証明される訳です。

★正しい「歯の色」の見かた、または、その詳細はこちらに”PDFファイル”で掲載しております。



坂 清子著:Q&A セラモメタル・サイエンス より


 『歯科インプラント治療についての情報サイト』はこちらから→気になる医学@歯科インプラント
『視力減退などが気になる方のための情報サイト』はこちらへ→気になる医学@レーシック、視力回復


このカテゴリのトップへ  HOMEへ  Next