歯の色」ってどうやって決めるの?
正しい「歯の色」の決め方
臨床から学ぶ「歯の色」の決め方
Homeへ


正しい「歯の色」の決め方

◎ 正解はこれです!歯面に平行に垂直に「色見本」
 を置くことです。これによって複雑な「歯の色」も割合、正確
 に見えるのです。



●しかし、これだけで安心してはいけません。歯には「歯茎」
 が付いて来ます。隣りの歯もあります。一つ実験をしてみましょう。
 左図の下は横並びに同じ「色見本」を置いたものです。その上に
 同じ「色見本」で「人工の歯茎」を置いたものです。この微妙な
 『違い』が分かりますか?

●そうです。気付いた方もおられるかと思いますが、下の
 「歯茎」が無い方がかすかに「明るく、
 赤みを帯びています。」面白いですね!?



 ★何故?このような現象が起るのか?
 
●まず 「歯茎が無い」ことから、歯茎や隣の歯の「影」が生じない
 ので明るく見える、と言えます。ではなぜ?赤紫の
 「歯茎」が来るのに、上の「歯茎グループ」は
 赤みが消えてしまうのでしょう?

 実はこれには、深い意味が潜んでいるのです。一つは、歯茎の
 赤みに打ち消されてしまうということもありますが、大きな問題は
 「補色の関係」です。
 左図は「クレーの補色関係の動き」を示しています。

 歯茎の色は「赤紫」です。そこで左図の法則に照らし合わせると
 「赤→緑、紫→黄」という補色の関係が成立し、
 「歯」自体が「黄緑」に見えてしまうのです。

 専門のかたはお分かりになると思いますが、実際の歯の色調は
 「Aグループ(赤茶系))」でありながら「Bグループ(黄茶系)」に
 見せかけられてしまうわけです。

●結果として、補色の関係から圧倒的に「赤」
 打ち消されてしまうのです。というわけで「下の「歯茎
 が無い方の色見本」が微かに「明るく、赤みを
 帯びて見える。」のです。

★これら詳細はこちらに”PDFファイル”で掲載しております。
● 既述したとおり、「歯茎」が「歯の色」に与える影響
 は大きいのです。

● 左図は上の前歯、3本(両中切歯、左側切歯)を
 「セラミックス」で作ったものです。

 下図左はお口に入れる瞬間!まだ、完全に入っていません。
 ここでとなりの「歯」と比較すると「微かに明るく、赤み
 が強いことがわかります。」

● しかし、この歯を完全に入れた瞬間に、明るさと赤みが
 消え、となりの色に合うのです。面白い現象ですね。
 でも、本当なんです!

(症例担当:東京都神谷町 UKE DENTAL OFFICE
医院長 Dr.宇毛 玲先生)
● 左図はこれら3前歯をセットし、10日後、前から見た「写真」です。
 3本とも「歯の色」が合っていることが良く分かります。

★ この様に、歯茎の「歯の色」への」影響を考えた場合、結果として
 言えることは、我々が作る「人工の歯」は実際、口の中にある
 ものよりわずかに「明るく、赤みが強い」ということが
 必要条件であるということです。

★これら詳細はこちらに”PDFファイル”で掲載しております。

★次項では、実際にその「歯茎」をどう扱い、どうやって正確な
 「歯の色」を決めて行くのかを検証してみましょう。



 『歯科インプラント治療についての情報サイト』はこちらから→気になる医学@歯科インプラント
『視力減退などが気になる方のための情報サイト』はこちらへ→気になる医学@レーシック、視力回復


このカテゴリのトップへ  HOMEへ  Next