歯の色」ってどうやって決めるの?
正しい「歯の色」の決め方
臨床から学ぶ「歯の色」の決め方
Homeへ


臨床から学ぶ「歯の色」の決め方

●前項では「歯茎の色」がどう「歯の色」に影響するのかを
 探りました。

●では実際に「歯の色」を決めてみましょう!
 まず「人工の歯茎」を使って「歯茎の色」を選びます。

 その後、A社の「色見本」を使って「歯の色」を選ぶのですが、
 この「色見本」の中で、「一番白い色」を使いましたが合いま
 せん。これ以上「白い色見本」はなかったのです。作らなけれ
 ばならない歯はもっと「白い」です。こんな時、どうしたら良いの
 でしょう?
★さて、続いて「歯の色」の決め方に移ります。

 前回まで、まず始めに「歯茎の色」を決めました。
 半透明の歯は周りの環境色(光)に大きく作用されやすい
 からです。しかし、ここではもっと「白い色」→ 明度が高い
 ものだったのです。

◎ こんな時には、こんな「色見本」を使おう!(色相は上下とも
 同じです)   
* 赤線部分の比較拡大した図です!(色相は同じで明度のみ
 上げた色見本)

◎ NCCの『色見本』(松風社)を使用すると、、、
★ 問題無く、「歯の色」を選択でき、隣の歯に合った綺麗な「歯」
 を作ることができます。


 『歯科インプラント治療についての情報サイト』はこちらから→気になる医学@歯科インプラント
『視力減退などが気になる方のための情報サイト』はこちらへ→気になる医学@レーシック、視力回復


このカテゴリのトップへ  HOMEへ